HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

IT'S A BEAUTIFUL DAY

1
IT'S A BEAUTIFUL DAY
1969年。バイオリンを含む6人編成。ジェファーソン・エアプレインと並び、60年代末期のサンフランシスコ・サイケデリック・ブームを代表するグループ。男女2人のボーカルで、バイオリンとオルガンがメロディーを主導する。ポップな曲はなく、また通常のロックバンドの編成でもないので、このバンドになにがしかの新しさを感じたことは想像できる。ジャケットが有名。「ボンベイ・コーリング」はディープ・パープルが「チャイルド・イン・タイム」で盗作した。
2
MARRYING MAIDEN
1970年。女性ボーカルが交代。曲のジャンルが様々で、一定の方向に向いていない。「ホーダウン」はカントリー。バンジョーはグレイトフル・デッドのジェリー・ガルシア。
3
CHOICE QUALITY STUFF
1971年。A面とB面でサウンドの傾向を変えている。A面は軽快で明るめ。パーカッションも激しい。B面はミドルテンポ。サンタナ、ジャーニーのグレッグ・ローリーがキーボードで参加。
 
 
LIVE AT CARNEGIE HALL
1972年。ライブ盤。
4
 
IT'S A BEAUTIFUL DAY...TODAY
1973年。
 
 
1001 NIGHTS
1974年。ライブ盤。
 
 
WORKIN' THE GOLD MINE
2000年。ライブ盤。
 
 
BEYOND DREAMS
2003年。再録音を含むベスト盤。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com