HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

VALENTINE/OPEN SKYZ/HUGO

 
VALENTINE/VALENTINE
1990年。キーボードを含む5人編成。80年代後期のハードロック・サウンドで、キーボードはバッド・イングリッシュやジャーニーのような音。ボーカルはジャーニーのスティーブ・ペリーに似ており、それはソウルのサム・クックにも似ているということだ。詩の発音で最後の有声音の音階を下げる歌い方はベイビーズ、バッド・イングリッシュのジョン・ウェイトと同じ。ドラムで高い音から低い音へ連続で叩くメロディック・タムが、当時流行した残響の大きい乾いた音で、そうした路線のバンドであることを示している。
 
OPEN SKYZ/OPEN SKYZ
1993年。バレンタインの同じメンバーで、バンド名を変えて発売。ドラムはゲスト参加になっているが、バレンタインのメンバーと同じ。メロディック・タムは通常の音に戻り、アコースティック・ギターも使用。音が変わってもメロディーやキーボード主導のサウンドは変わらない。「ギヴ・ア・リトル・ビット」はスーパートランプのカバー。
 
HUGO/HUGO
1997年。バレンタイン、オープン・スカイズのボーカルのソロ・アルバム。バックは全員テンのメンバー。ボーカルのソロなのでボーカルのよさを出すため、歌い上げる曲が多い。以前あまりなかったコーラスもあるが、控えている。歌い上げるためにサビが高い音になり、声がますますスティーブ・ペリーに似てくるという印象だ。
 
TIME ON EARTH/HUGO
2000年。ギターの多くをテンのヴィニー・バーンズが弾き、キーボードとドラムの大半をヒューゴが演奏している。前作に続きメロディアスなハードロック。「マジック・パワー」はトライアンフのカバー。
 
FIRE IN THE NIGHT/HUGO
2004年。バラードが多いアルバム。ギターがハードロック・サウンドになっているが、ハードロックの世界にいるというだけでイメージを大きく落としている。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com