HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

HIT THE LIGHTS

 
UNTIL WE GET CAUGHT
2005年。ギター2人の5人編成。ベースとギターの1人はボーカルの表記もついているので、ボーカルが3人いることになる。アメリカ出身。5曲入りEP。ニュー・ファウンド・グローリーに近いサウンド。
1
THIS IS A STICK UP...DON'T MAKE IT A MURDER
2006年。ニュー・ファウンド・グローリーと同様、曲調は明るく、ボーカルは一本調子で歌う。コーラスは3声になることも多い。独自性を見つけようと思えば見つかるのだろうが、際だっていないのでフォロワー(追随者)の印象は免れない。
2
SKIP SCHOOL START FIGHTS
2009年。ボーカルが脱け、ギターがボーカルとなり、新たにギターが加入、5人編成。コーラスの緻密さだ。新しいボーカルは前任者よりやや声が高い。ニュー・ファウンド・グローリーに近いという形容がなくても十分に質が高い。スタジオで作り込んだことが分かるサウンドになっているが、いっそそれを前面に出してもよかった。
 
COAST TO COAST
2009年。EP盤。新曲2曲、それほど有名ではないバンドのカバー2曲、アコースティックバージョン2曲を収録。日本盤はライブが2曲入っている。アコースティックバージョンの「テル・ミー・ホエア・ユー・アー」はリズムマシーンを使う。
3
INVICTA
2012年。メロディックパンク、ポップパンクとして完成されたサウンドに近い。若干のキーボードを使う。どの曲も覚えやすいが、曲調が似通っているため、結果的に強く印象に残る曲がないという逆説がある。「ファスター・ナウ」はイエローカードのライアン・ケイと共作。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com