HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

HARD STUFF/HIGH TIDE

 
BULLETPROOF/HARD STUFF
1972年。クオターマスのボーカル兼ベースのジョン・ガスタフソンがアトミック・ルースターのボーカル兼ギター、ドラムと結成したバンド。オーソドックスなハードロック。
 
BOLEX DEMENTIA/HARD STUFF
1973年。ジョン・カンが作曲した「シック・アンド・タイアード」「ジャンピン・サンピン」がロックン・ロール寄りで、前作のハードな路線とは大きく異なる。ハードロックの曲もあるが、全体としては黒人音楽のノリを強調したようなサウンド。
 
SEA SHANTIES/HIGH TIDE
1969年。バイオリン奏者を含む4人編成。ギターがボーカルを兼任している。ギターとバイオリンが牽制しながら曲を引っ張る。メロディーは哀愁味を帯びているところもあり、ハードなかけ合いの中でバイオリンの悲しげな音色が多くを訴える。ギターはディストーションが大きめにかかっている。
 
HIGH TIDE/HIGH TIDE
1970年。ベース以外のメンバー3人にキーボードのクレジットがついた。しかし明確にキーボードが活躍する場所はほとんどない。曲が長くなり、A面は8分半と9分半の2曲、B面は14分半の1曲だけ。ほとんどの部分を楽器演奏が占め、ボーカルが入るところは少ない。B面の曲は10分後半で一度終止するような構成になっており、当初は組曲か、もしくはフレーズの接着によってできあがった曲ではないか。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com