HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

GORILLAZ

1
GORILLAZ
2001年。ブラーのボーカル、デーモン・アルバーンによるプロジェクト。メンバーは架空の4人ということになっており、イギリス出身のボーカル、ベース、アメリカ・ニューヨーク出身のアフリカ系のドラム、日本・大阪出身の女性のギターとなっている。サウンドはエレクトロニクス、シンセサイザーを多用したダブ、ヒップホップが多く、ロックバンドのサウンドではない。「パンク」「M1A1」はガレージ・ロックだが、サウンドとしては例外の部類に入る。全曲にボーカルが入っている。
 
G SIDES
2001年。日本で未発表になっている曲を集めた企画盤。海外盤のシングル盤収録曲が中心。「ファウスト」はチボマットの羽鳥美保による日本語の歌詞がついている。
 
LAIKA COME HOME/SPACEMONKEYZ VERSUS GORILLAZ
2002年。邦題「ライカ犬、宇宙からの帰還」。「ゴリラズ」収録曲のうち12曲をリミックス。レゲエ調が多く、邦題のような宇宙を感じさせる未来的なサウンドはほとんどない。
 
 
FEEL GOOD INC
2005年。EP盤。4曲入り。
2
DEMON DAYS
2005年。一般性のあるヒップホップ寄りのポップスになった。2000年代以降のエレクトロニクス、ドラム・マシーンに慣れ親しんでいる世代は、バンドサウンドよりもエレクトロニクスに傾いたサウンドに好意的なのではないか。ネナ・チェリー、デ・ラ・ソウル、アイク・ターナー、ハッピー・マンデーズのショーン・ライダー、デニス・ホッパー等が参加している。ギターやベース、ドラムはもちろん、ボーカルが誰かということもアルバムの中ではあまり意味を持たなくなっている。ジャケットは初回生産限定版。
 
DARE
2005年。EP盤。ハッピー・マンデーズのボーカル、ショーン・ライダーが参加している。「クリント・イーストウッド」のライブはバンドサウンドで、デ・ラ・ソウル、ファーサイドのブーティ・ブラウンが参加している。
 
DIRTY HARRY
2005年。EP盤。タイトル曲はファーサイドのブーティ・ブラウンが参加。「ホンコンゲイトン」はアルバム未収録曲。
 
KIDS WITH GUNS/EL MANANA
2006年。EP盤。「ストップ・ザ・ダムズ」はアルバム未収録曲。
 
 
D SIDES
2006年。「ディーモン・デイズ」収録曲のリミックス・バージョンやシングル盤のB面収録曲を集めた企画盤。
3
PLASTIC BEACH
2010年。前作よりさらにポップでメロディアスになった。オープニング曲はオーケストラによるクラシック風の序奏。16曲のうちゴリラズが単独で演奏しているのは「オン・メランコリー・ヒル」と「ブロークン」の2曲で、残りの曲はゲスト参加を伴っている。楽器の音が明確で、バンドサウンドの量も増えた。ゲストがボーカルの場合、ヒップホップになることが多い。単独で演奏する2曲はキーボード主体のロック。ストリングスやホーン・セクションも使い、楽器編成上の不自由はなかったようだ。デーモン・アルバーンがかかわったアルバムとしてはブラーも含めて最高の部類に入るのではないか。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com