HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

GOD FORBID

 
OUT OF MISERY
1998年。6曲入りミニ・アルバム。ギター2人の5人編成。アメリカ・ニュージャージー出身。ギターの2人は兄弟で、このバンドの中心になっている。バックの演奏はデス・メタル、ボーカルは絶叫型という典型的メタルコアで、この時期にこうした音を出しているのは早い。メタルコアがアメリカで台頭してくるのは2000年以降だからである。北欧のメロディック・デス・メタルのようなギターソロは聞かれず、どちらかといえばデス・メタルの範疇。ミドルテンポの曲でもボーカルはデス声になる。再発盤はセパルトゥラの「プロパガンダ」のカバーがライブで入っている。「マインド・イレイサー」収録。
1
 
REJECT THE SICKNESS
2000年。通常のヘビーメタルのようなギターソロが入るという。
2
DETERMINATION
2001年。時折メロディアスなギターソロが入るが、曲の数としては過半数ではない。ハードさとメロディアスさのバランスをうまくとっている。
 
BETTER DAYS
2003年。アルバムの先行シングル。タイトル曲はデス声のほかに普通のボーカルが入り、サウンドの傾向がかなり変わることを予測させる。アルバム未収録曲が1曲あるが、日本盤は「ゴーン・フォーエヴァー」に収録。
3
GONE FOREVER
2004年。日本デビュー盤。オープニング曲からサビにコーラスが入り、その部分が普通のボーカルになる。「ウォッシュド・アウト・ワールド」では普通ボーカルと絶叫型ボーカルが逆転し、メーンが普通ボーカルになる。最後の曲は初めてキーボードを本格的に使用。キーボードで参加しているマイケル・ピネラはレコード・レーベルからしてシンフォニー・エックスのメンバーと思われる。ネヴァーモアのジェフ・ルーミス、ベクストのトム・カミングス参加。
4
IV:CONSTITUTION OF TREASON
2005年。前作と同路線。メタル・コアといっても、ハードコアを思わせる部分はほとんどなく、2000年代半ばではこのサウンドがヘビーメタルの主流といってよい。「ザ・ロンリー・デッド」はエンディングでピアノが使われる。
5
EARTHSBLOOD
2009年。
6
EQUILIBRIUM
2012年。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com