HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

FUGEES/LAURYN HILL

1
BLUNTED ON REALITY
1994年。ハイチ出身の男性2人とアメリカ生まれの女性ローリン・ヒルのグループ。曲と曲間が交互に入っている。作詞作曲しているのは男性の2人で、女性はボーカル中心のようだ。日本盤は1996年発売。
2
THE SCORE
1996年。90年代前半から流行していたオルタナティブ・ヒップホップの最高作として有名なアルバム。ヒップホップがポピュラー音楽の先端となったことで、単にアフリカ系というだけでは独自性を保てなくなり、移民や南部出身といったさらに下層のアフリカ系が注目されるようになった。フージーズは移民と女性が含まれるという点で明快だった。ハイチを感じさせるメロディーやリズムは特に大きくはない。「ノー・ウーマン、ノー・クライ」はボブ・マーリーをサンプリング。「キリング・ミー・ソフトリー」はロバータ・フラックの「やさしく歌って」のカバー。歌詞を変えている。「レディー・オア・ノット」「フー・ジー・ラ」収録。
 
(REFUGEE CAMP)BOOTLEG VERSIONS
1996年。8曲のうち「ドント・クライ・ドライ・ユア・アイズ」はアルバム未収録曲、「キリング・ミー・ソフトリー」はライブ、他の6曲はリミックス曲。ボブ・マーリーの「ノー・ウーマン、ノー・クライ」をサンプリングした曲はスティーヴ・マーリーがリミックスしている。
 
THE MISEDUCATION OF LAURYN HILL/LAURYN HILL
1998年。フージーズのローリン・ヒルのソロアルバム。フージーズのように1分程度の曲間が曲として挿入されている。メロディーを歌うことが多くなり、ヒップホップ・ソウルに近くなっている。アフリカ系女性にとっては、白人ヨーロッパのリズムではないアフリカ系のリズムということで大きな親近感が沸いたのではないか。「ドゥー・ワップ」「トゥ・ザイオン」収録。
 
DOO WOP(THAT THING)/LAURYN HILL
1998年。シングル盤。同一曲の4バージョン。
THE MISEDUCATION OF LAURYN HILL/LAURYN HILL
1999年。邦題「ミスエデュケーション」。シングル盤。インストバージョン、アカペラバージョンのほか、日本のファンへのメッセージが1分20秒収録されている。
 
MTV UNPLUGGED NO.2.0/LAURYN HILL
2002年。2枚組。新曲によるライブ盤。22曲のうち9曲はローリン・ヒルによる語りなので実質13曲収録。アコースティックギターだけの演奏なので、ローリン・ヒルの声も抑えめだ。曲によっては高音が苦しくなる。それを表現と見るか歌唱力と見るかは聞き手の判断によるだろう。
 
 
GREATEST HITS
2003年。ベスト盤。 

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com