HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

FRONTLINE

1
THE STATE OF ROCK
1994年。ギター兼キーボードを含む4人編成。キーボードがギターと同じくらい活躍するハードロックで、キーボードの音は総じて爽快だ。80年代のアメリカのハードロックを基本とするサウンドで、ドイツ出身であることはまったく感じさせない。グランジ・ロック全盛のころにデビューできるくらいなので、曲はどれも水準以上だ。ボーカルもボンファイアやカサノヴァ並みかそれ以上の歌唱力があり、声もジャンルに合っている。
2
TWO FACED
1995年。アコースティック・ギターで演奏されるアルバム。キーボードやエレキ・ギターも一部で使用している。
3
HEROES
1997年。ベースとドラムが交代し、キーボードが加入、5人編成。ボーカルが本格的にジャーニーのスティーブ・ペリーに近くなった。バックの演奏もそれに近いが、ギターとキーボードが弱く、曲のバラエティーが狭い。ジャーニーの場合はスティーブ・ペリーがサム・クックと似ているため、ソウル風の曲をやっても違和感はないが、このバンドはボーカルがサム・クックではなくスティーブ・ペリーに似ているため、典型的なジャーニーの路線を維持しなければならないのが難点だ。「サイン・オブ・ザ・ライト」収録。日本のみの発売。
 
RIGHT ATTITUDE
2000年。キーボードが抜け4人編成。日本のみで発売された「ヒーローズ」をリミックスし、世界レベルで発売。「ヒーローズ」の全曲が収録されているわけではなく、13曲のうち8曲収録。曲のタイトルも一部変更されている。全体的にキーボードの割合が増え、ギターが抑えられている。発売元はAOR HEAVEN。
4
AGAINST THE WORLD
2002年。ボーカルの声がしゃがれ、スティーブ・ペリーの声と似るところは減った。曲もジャーニーというよりはフォリナーを思わせることがある。アメリカ風ハードロックという点では依然ボンファイアよりも80年代的だ。日本盤ボーナストラックは「ライト・アティテュード」に収録されている曲。
 
ALMOST UNRELEASED
2003年。新曲3曲、未発表曲4曲、リミックス3曲、ライブ1曲を含む企画盤。リミックスの1曲とライブはアコースティック・バージョン。未発表曲はデビューのころに録音されたと思われるような澄んだボーカルが聞ける。
5
 
THE SEVENTH SIGNS
2004年。
6
CIRCLES
2006年。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com