HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

MOON’DOC/FREEDOM CALL

 
MOON’DOC/MOON’DOC
1995年。アクセプト~シナー~ヴィクトリーのギター、ハーマン・フランクが結成したバンド。4人編成。ドイツのヘビーメタルは基本的に英米追従型と、ドラマチックでスピーディーなヨーロッパ型に分けられるが、このバンドは英米型だ。ボーカルのクリス・ベイの声から、ピンク・クリーム69に似たハードロックとも言える。
 
GET MOONED/MOON’DOC
1996年。ややメロディーがポップになった。サビのコーラスは厚くなった。フェア・ウォーニングのトミー・ハートとヘルゲ・エンゲルケがコーラスで参加。フィリップ・カンダスもパーカッションで参加している。「アウト・イン・ザ・コールド」はバン・ヘイレンの「ホット・フォー・ティーチャー」を思い出す。
 
REALM OF LEGENDS/MOON’DOC
2000年。ハーマン・フランク以外のメンバーが全員入れ替わった。キーボードが専任で加わり、5人編成になっている。ドラムは元ビクトリー。前2作と大きく異なり、イントロからハードな曲に移行する典型的なヨーロッパ型ヘビーメタルとなった。それほど大仰ではなく、くどさがない。新ボーカルはタリスマンのジェフ・スコット・ソートに似た声。
1
STAIRWAY TO FAIRYLAND
1999年。ムーン・ドックのボーカル、クリス・ベイとガンマ・レイのドラム、ダン・ツィマーマンによるプロジェクト。ベースもムーン・ドックのメンバーで、ギターはサシャ・ゲルストナー。ドイツ・ロマン派音楽の思想をヘビー・メタルに受け継ぐ。歌詞は物語になっているが、曲はストーリーの順番にはなっていない。厚いコーラスとオーケストラ風キーボードをふんだんに使っている。クリス・ベイはボーカル、ギター、キーボードを担当しているので、結果的にアレンジの主導権を握っている。コーラスにはドリームタイドのボーカル、オラフ・ゼンクバイルが参加。
 
TARAGON
1999年。ミニ・アルバム。ウルトラヴォックスのカバーを収録。コーラスにガンマ・レイのダーク・シュレヒター、ヘンニュ・リヒターが参加。2曲は「ステアウェイ・トゥ・フェアリィランド」収録曲のバージョン違い。純粋な新曲は2曲。その2曲が両方とも出来がよい。フランスと日本で出され、他の国では発売されなかった。
2
CRYSTAL EMPIRE
2001年。デビュー盤をさらにスケール・アップした。オペラ風のコーラス、大仰なオーケストレーションに磨きがかかる。根本的なサウンドの特徴はブラインド・ガーディアンやガンマ・レイに近いが、このバンドの個性は、希望的なメロディーが多いということだ。キーボードは金管楽器系を多用し、ストリングスとは異なるドラマチックさを出したのはいいアイデア。
3
ETERNITY
2002年。ギターが交代。日本盤は発売されなかった。エドガイのトビアス・サメット、アット・ヴァンスのオリバー・ハートマンがコーラスで参加。メロディーを主導しているのはギターではなくキーボードになってきている。キーボード専任もしくはボーカル専任メンバーを増やしてもよい。
 
LIVE INVASION
2004年。ライブ盤。キーボードを加え、5人編成で演奏している。ボーカルのクリス・ベイもギターを弾くので、ギター2人のサウンドになっている。スタジオ盤をかなり忠実に再現しており、コーラスも4人くらいでやっている。充実した演奏。日本盤は出なかった。2枚組になっており、2枚目は「タラゴン」に2曲を追加したスタジオ盤。「ヒロシマ」はウィッシュフル・シンキング、「Dr.STEIN」はハロウィンのカバー。
4
THE CIRCLE OF LIFE
2005年。ギターとキーボードがバランスよくメロディーを主導し、分厚いコーラスもいつも通り。覚えやすいメロディーを作り続けることの難しさからすると、「スターチャイルド」「キャリー・オン」などは感嘆に値する。全曲を型どおりのヘビーメタルにしなかったのもいい判断だった。
5
DIMENSIONS
2007年。ギターとベースが交代。ブックレットによると、このアルバムはドラムをトミー・ニュートンが録音し、それ以外のボーカル、ギター、ベース、キーボードをクリス・ベイが録音していることになっている。すなわち、メンバー4人のうち、3人は録音に参加していない。「録音」と「演奏」が別の意味で書かれているならば、4人は全員演奏しているとも言える。4人のうち2人が入れ替われば、コーラスに影響が出そうだが、メンバーとは別にゲストのコーラスが10人参加している。10人にはアット・ヴァンスのオリバー・ハートマンも含まれている。これまでのアルバムに比べて、キーボードに厚みがなく、コーラスもやや細い。標榜するサウンドは変わらないので、前向きなメロディーの大仰なヘビーメタルであることには変わりない。最後の曲の「ファー・アウェイ」はバグパイプ風キーボードが曲全体を覆う。「ザ・クエスト(アンプラグド・ヴァージョン)」は「クリスタル・エンパイア」収録曲のバージョン違い。
6
LEGEND OF THE SHADOWKING
2010年。ほぼ4人のメンバーで録音されている。キーボードはクリス・ベイが演奏している。厚いコーラス、キーボードによる大仰なサウンドは健在で、コーラスで始まる曲が4曲ある。あらかじめ物語が設定されているので、デビュー当初のような明るい曲調は少ない。
7
LAND OF THE CRIMSON DAWN
2012年。ドラムはダン・ツィマーマンではなくなり、クリス・ベイのバンドとなった。クリス・ベイはギターとキーボードも演奏。バンドの他の3人のほか、コーラスのみに4人参加し、8人でコーラスをやっている。14曲のうち2曲をギターが作曲、1曲をベースが作曲、11曲をクリス・ベイが作曲している。「バック・イントゥ・ザ・ランド・オブ・ライト」「ヴァレイ・オブ・キングダム」はこれまでの良さを継承した曲。「サン・イン・ザ・ダーク」はヘビーロック風。
AGES OF LIGHT 1998-2013
2013年。ベスト盤。2枚組。1枚目は各アルバムから1~4曲選び、時系列に並べている。2枚目は代表曲をヘビーメタルではないジャンルで演奏した企画盤。ヒルビリー、フォーク、レゲエ、スカ、スイングの形式で演奏するが、キャンプファイア風という「フリーダム・コール」はアコースティックギターの弾き語りと変わらない。
8
BEYOND
2014年。全曲をクリス・ベイが作曲し、そのうちギターが2曲、ベース、ドラムが1曲ずつ共作している。歌詞の基になっている物語はドラムが創作している。「ナイツ・オブ・タラゴン」「カム・オン・ホーム」「ジャーニー・イントゥ・ワンダーランド」「フォロー・ユア・ハート」は明るいメロディー、厚いコーラス、ファンファーレ風のキーボードなど、フリーダム・コールのサウンドの刻印が明確に示される。「ビヨンド・エターニティ」のバグパイプのように聞こえる音はキーボードによるとみられる。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com