HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

FRANZ FERDINAND

1
FRANZ FERDINAND
2004年。ボーカル兼ギターが2人いる4人編成。イギリス出身。キーボードも若干使う。リズムがかつてのディスコやダンス音楽風で、それをバンドサウンドだけで演奏する。テクノのような人工的な音を使用しない。ボーカルの声域は広くないが大人の男性を感じさせ、ロキシー・ミュージックの雰囲気を持つ。メロディーや曲の展開が自然で、どの曲もポップさを失わない。「テイク・ミー・アウト」収録。日本盤ボーナストラックの「ショッピング・フォー・ブラッド」はゲイリー・グリッターの「ロックン・ロール・パート2」のようなリズム。フランツ・フェルディナンドとは第1次世界大戦のきっかけとなったオーストリアの皇太子の名前。
2
YOU COULD HAVE IT SO MUCH BETTER
2005年。曲に勢いや力強さが加わり、前作を大きく上回るアルバムになった。オープニング曲から最初のバラード直前までの6曲はアップテンポの曲が続き、高揚感が収まらない。サウンドにも厚みが出てロックらしさが増し、ダンス音楽の要素は相対的に小さくなった。「ドゥ・ユー・ウォント・トゥ」はテレビのコマーシャルに使われ大ヒット。エレクトリック・ライト・オーケストラの「ドント・ブリング・ミー・ダウン」を思い出させる。
 
DO YOU WANT TO
2005年。シングル盤。収録1曲のみでアルバムとまったく同じバージョンでも日本盤が出る。
3
TONIGHT
2009年。前作の路線で、安定したダンス音楽風ロックを演奏する。前作ほど密度の濃い曲ではなく、聞き手を一瞬で捕まえてしまう爆発的な曲なない。逆にいえば、曲が粒揃いになっている。使われる音が古風で、シンセサイザーや効果音が70年代風だ。最後の3曲はロックの勢いが減退する。
4
RIGHT THOUGHTS RIGHT WORDS RIGHT ACTION
2013年。「ユー・クッド・ハヴ・イット・ソー・マッチ・ベター」のころのサウンド。ロックのはねるリズムが戻っている。コーラスも効果的に付くようになった。オープニング曲の「ライト・アクション」と「ラヴ・イルミネーション」は「ドゥ・ユー・ウォント・トゥ」のテンポで、メロディーや勢いによって書き分けたような曲。「バレット」は最もテンポが速く、制御されたパンクに近い。「トリーソン!アニマル」はザ・ストラングラーズかザ・ドアーズかというような、キーボードとベースが目立つ曲。日本盤はスタジオライブ盤が付いており、「ドゥ・ユー・ウォント・トゥ」や「ノー・ユー・ガールズ」も含まれている。
F・F・S/F・F・S
2015年。フランツ・フェルディナンドとスパークスの合作。作曲も演奏もメンバー全員で行っている。ドラムが効いた曲やアップテンポの曲にはフランツ・フェルディナンドの、スパークス特有のコーラスが多い曲にはスパークスの影響が出ているように聞き取ってしまう。フランツ・フェルディナンドのボーカルがファルセットを多用するのは、スパークスと一緒にやっているからこそだ。「コラボレーションズ・ドント・ワーク」は定型的ではないポップスで、スパークスと共作したことの証が示されたような曲。「キング・オブ・ザ・ソングス」はフランツ・フェルディナンドの初期の曲に近い。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com