HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

FATHER JOHN MISTY

1
FEAR FUN
2012年。フリート・フォクシーズのドラム、ジョシュ・ティルマンがボーカル、ギター、ドラムを務め、プロデューサーがその他多数の楽器を演奏する。フリート・フォクシーズと同様にアコースティックギター、ピアノ、ベース、ドラム、パーカッション、オルガンなど、人間が楽器を演奏した音を基本に曲を構築している。ジャケットや歌詞を含めると、1970年前後のサイケデリックロック、アシッドフォークに憧憬を抱いていることは明らかだ。「ディス・イズ・サリー・ハチェット」はほほえましいくらいにビートルズ風。日本盤の歌詞対訳は注釈を掲載し忘れている。
2
I LOVE YOU,HONEYBEAR
2015年。アコースティック楽器と弦楽器を中心とする。60年代のオーケストラ付きポップスと70年前後のシンガー・ソングライターを掛け合わせたような、人工音をできるだけ排したサウンドだ。ジョシュ・ティルマンはゆっくり歌うので歌詞は聴き取りやすい。「トゥルー・アフェクション」は意図的にエレクトロサウンドにしたのだろう。それ以外の曲はシンセサイザーも使わないことが多い。「ナッシング・グッド・エヴァー・ハプンズ・アット・ザ・ガッダム・サースティ・クロウ」はカントリー風なので弦楽器もフィドル風に演奏される。「ボアード・イン・ザ・USA」はブルース・スプリングスティーンの「ボーン・イン・ザ・USA」のタイトルと批判性を借り受け、曲調を弾き語りに近いアコースティックサウンドに入れ替えている。高い評価を得るのは当然という手法だ。
3
PURE COMEDY
2017年。前作の11曲45分から13曲74分に長大化。「リーヴィング・LA」は13分、「ソー・アイム・グロウイング・オールド・オン・マジック・マウンテン」は10分ある。ジョシュ・ティルマンはこのアルバムに自ら長大な解説文を付けている。各曲の歌詞はこの解説文の内容と概ね一致しているので、アルバムのメッセージとしてはジョシュ・ティルマンの言うとおりなのだろう。ギリシャ神話と聖書を両方引用するところは、西洋人の文化的源流について基本的知識があることを示し、また、ジョシュ・ティルマン自身に教養があることをアピールしている。各曲は概ね5人から6人のバンド編成を基本として録音している。13分ある「リーヴィング・LA」はジョシュ・ティルマンが1人アコースティックギターで弾き語る。アルバムタイトルになっているオープニング曲もピアノの弾き語りに近く、アルバム全体の雰囲気としては重厚になっている。歌詞が聴き取りやすいように歌うのは前作と変わらないが、ストリングスやキーボードの使い方は70年代後半に近づき、注意して聞けば音の加工は頻繁に行われている。前作にあったあからさまなエレクトロサウンドの曲はない。ジャケットはヒエロニムス・ボスやブリューゲルの影響を受けている。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com