HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

FATE

1
FATE
1985年。マーシフル・フェイトのギター、ハンク・シャーマンが結成したバンド。4人編成、デンマーク出身。ベースのピート・シュタイナーがキーボードを兼任する。10曲のうち3曲はハンク・シャーマンとピート・シュタイナーの共作で、残りの7曲はハンク・シャーマンの単独作曲。マーシフル・フェイトとは似ても似つかないアメリカン・ハードロックで、デンマークのバンドとは思えないようなサウンドだ。80年代の、アメリカの影響力を感じさせるひとつの例。2007年発売。
 
FATE
1985年。ジャケット違い。「運命の翼」から「サマーラヴ」「ハンター」を収録し、「サマーラヴ」のリミックス・バージョンも収録。
2
A MATTER OF ATTITUDE
1986年。邦題「運命の翼」。バンドの主導権が変わり、ハンク・シャーマンからピート・シュタイナーに移った。10曲のうち5曲はピート・シュタイナーが作曲、ハンク・シャーマンとボーカルが1曲ずつ作曲し、残りの3曲はピート・シュタイナーとハンク・シャーマンの共作、すなわち10曲中8曲にピート・シュタイナーがかかわっている。2人の曲の指向が明らかに異なっており、ハンク・シャーマンはロックン・ロール寄り、ピート・シュタイナーはメロディアスなロック寄りだ。「ウォント・ストップ」「リンボー・ア・ゴー・ゴー」「ルージング・ユー」などはアメリカでヒットしてもおかしくないすばらしい曲。日本盤はジャケットが異なる。「サマーラヴ」収録。
3
CRUISIN' FOR A BRUISIN'
1989年。キーボード奏者が加入し、ギターが交代、5人編成。新しく加入したメンバーも作曲にかかわっているが、逆にピート・シュタイナーの優れた作曲能力を認識させることになっている。
4
SCRATCHN' SNIFF
1991年。ボーカル、ギターが交代し、キーボード奏者がいなくなった。4人編成。ギターはマティアス・エクルンド。ボーカルもギターも格段に向上している。「ユアー・ザ・ベスト(マネー・キャン・バイ)」「ワン・バイ・ワン」などはギターが曲をもてあましている印象。曲は以前の曲調に近い。いっそバンド名を変えて、新しいバンドとして出発した方がよかったか。日本盤はジャケットが異なる。
5
 
V
2006年。
6
GHOSTS FROM THE PAST
2012年。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com