HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

EVANESCENCE

1
ORIGIN
2000年。ギター2人の5人編成。ボーカルは女性。ラウド・ロック、いわゆるインダストリアル・ロックとゴシック・ロックが混ざったサウンド。特にアルバムの後半はゴシック・ロックではなくゴシック音楽をそのまま取り入れている。したがって、バックの女声コーラスはバロック時代、もしくはそれ以前の宗教音楽とほとんど同じ。
2
FALLEN
2003年。前作よりもラウド・ロックとの融和が分かりやすくなり、世界的にヒットした。ロックとしても優れた曲が並び、バックの演奏はハードロックからインダストリアル・ロックまでの範囲に収まっている。ボーカルのエイミー・リーはソロ歌手だったとしても売れるであろう歌唱力がある。キーボードはゴシック・ロックらしくストリングスとピアノがよく出てくる。ボーカルとギターが作曲。「ブリング・ミー・トゥ・ライフ」の男声ボーカルはギターの1人が歌っている。
 
BRING ME TO LIFE
2003年。シングル盤。タイトル曲のバージョン違い2曲とアルバム未収録曲1曲を収録するが、アルバム未収録曲は日本盤ボーナストラックとして「フォールン」に収録されている。
 
ANYWHERE BUT HOME
2004年。ライブ盤。女性の歓声が多く、ゴシック・ロックのファンの拡大を見ることができる。「マイ・イモータル」と「ブリング・ミー・トゥ・ライフ」で大きく盛り上がる。「ソートレス」はKORNのカバー。最後の「ミッシング」はアルバム未収録のスタジオ録音。
3
THE OPEN DOOR
2006年。ギターの1人が交代。事実上ボーカルのエイミー・リーのソロアルバムになっている。男声ボーカルはなく、「フォールン」にあったインダストリアル・ロックのサウンドはない。アルバムのほとんどの曲にピアノが使われるが、これもボーカルのエイミー・リーが演奏している。「コール・ミー・ホエン・ユー・アー・ソバー」収録。「リシアム」は元素のリチウムのこと。ニルヴァーナの「リチウム」と同じ。リチウムは抗うつ剤として有名。
4
EVANESCENCE
2011年。ギター、ベース、ドラムが交代し、デビュー時のメンバーはボーカル兼キーボードのエイミー・リーだけになった。前作と同様にエイミー・リーのボーカルをメーンとするロック。どの曲も歌い上げる。ストリングスがよく使われるが、クラシックではなくゴシックを思わせる。5年ぶりのアルバムとしては、大きなサウンドの変化がない。雰囲気がどの曲も似ているため、印象の強い曲がなくなっている。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com