HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

EPICA

1
THE PHANTOM AGONY
2003年。女声ボーカル、ギター2人、キーボード奏者を含む6人編成。ギターの1人、マーク・ヤンセンが中心人物で、デス声のボーカルも担当する。マーク・ヤンセンはアフター・フォーエヴァーの元メンバー。作曲は主にギターの2人とキーボード奏者がするので、メロディー楽器中心のバンドと言えるだろう。女声ボーカルのシモーネ・シモンズはメゾソプラノでクラシック風に歌うが、表現力は発展途上だ。バックの演奏には8人の弦楽奏者、6人の合唱隊が参加しており、クラシック風のサウンドをさらに本格的にしている。オランダ出身。9曲で52分。1曲目はイントロなので実質8曲。
2
COINSIGN TO OBLIVION
2005年。女声ボーカルの歌唱力が上がり、デス声ボーカルが大幅に減った。イントロがあって2曲目に続き、最後の曲が長めという構成は前作と同じ。弦楽器奏者と合唱隊も前作同様に取り入れる。弦楽器はコントラバスがいなくなり、バイオリン、ビオラ、チェロになった。多くの曲が4分台で、最後の曲は10分弱。「トラ・フィエース」の男声ボーカルはコンセプション、キャメロットのロイ・カーン。
3
THE DIVINE CONSPIRACY
2007年。ドラムが脱け5人編成に。弦楽器奏者は使っていない。サウンドがハードになり、ドラムは全体的に高速になっている。ヘビーメタルに大きく傾いたという印象で、クラシック風サウンドのロックとして聞いていた人には過剰に激しくなったと感じるだろう。アルバム全体が4曲ずつ3部構成になっており、曲の長さは決まっていない。最後の曲は14分ある。
 
 
THE CLASSICAL CONSPIRACY
2009年。オーケストラとの共演によるライブ盤。
4
DESIGN YOUR UNIVERSE
2009年。9人の声楽家が参加し、前作並に豪勢なサウンド。4曲目まではハードでスピーディーだ。「キングダム・オブ・ヘヴン」は5部構成で13分半ある。後半はオーケストラ風キーボードと声楽が前面で、バンドサウンドが偶然ヘビーメタルだったというようなサウンド。女性ボーカルのシモーネ・シモンズはバックの演奏と対等にわたりあえるほど歌唱力が付いている。声に厚みが出てきた。13曲で75分。
5
REQUIEM FOR THE INDIFFERENT
2012年。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com