HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

EMPEROR

 
EMPEROR
1993年。片面にエンペラー、片面にエンスレイヴドが収録されているアナログ盤のCD版。このあとドラムが同性愛者殺人と教会放火で逮捕。
1
IN THE NIGHTSIDE ECLIPSE
1994年。邦題「闇の皇帝」。ギター兼ボーカル兼キーボードを含む4人組。ノルウェー出身。ボーカルを普通にすればヘビーメタルとしてそれなりの評価を受けるであろうサウンド。音の密度が大きい。ボーカルのメロディーがあまりないという点ではデスメタルと同じだが、ブラック・メタルの場合は声が高い方に移動している。「マジェスティ・オブ・ザ・ナイト・スカイ」はよい。
2
ANTHEMS TO THE WELKIN AT DUSK
1997年。邦題「闇の賛美歌」。いわゆるメロディック・スピード・メタル並みに大仰なサウンド。過激に演奏することは、音楽を聞いたときの「驚き」が極めて平凡で、過激さが感動につながることはほとんどない。過激な演奏はどう努力しても聞き手の推測しうる範囲内に収まってしまうことが多く、むしろ過激なまま異なる個性を出した方が得策だ。「燃ゆる尊厳」「聖なる大地へ」はよい。
3
IX EQUILIBRIUM
1999年。邦題「闇の黙示録」。ベースが抜け3人編成。前作と同じ。4枚のスタジオ盤の中では、最も変化が少ない。ディープ・パープルに「紫の~」と、キッスに「地獄の~」とつくように、エンペラーのアルバムの邦題はずっと「闇の~」とついている。
 
 
EMPERIAL LIVE CEREMONY
2000年。邦題「闇の晩餐」。ライブ盤。
4
PROMETHEUS:THE DISCIPLINE OF FIRE&DEMISE
2001年。邦題「闇の終焉・ラスト・エンペラー」。メロディーを構成する要素として初めてコーラスを用いている。ストリングスの頻度も高くなり、新しいサウンドを提示できる可能性があったが解散。
 
SCATTERED ASHES A DECADE OF EMPERIAL WRATH
2003年。2枚組ベスト盤。1枚目はアルバムから選曲。いい曲だと思う曲がそのまま収録されており、ブラック・メタルというジャンル以前のレベルで妥当な選曲。2枚目はカバーやシングル収録曲等。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com