HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

ELEGY

1
LABYRINTH OF DREAMS
1993年。邦題「迷宮の夢」。オランダの6人組。線の細いハイトーンのボーカルと、音符は多いが速弾きではないギターが中心となってオーソドックスなヘビーメタルをやっている。「アイム・ノー・フール」収録。
2
SUPREMACY
ヨーロッパ的なヘビーメタルをやる考えはなかったようだ。「ウィンドーズ・オブ・ザ・ワールド」収録。
3
LOST
1995年。プログレッシブなヘビーメタルに大きく傾いたアルバム。クイーンズライチやドリーム・シアターが勢いを持っていたころで、ヘビーメタルの一極を担っていた。「スピリッツ」収録。
 
 
PRIMAL INSTINCT
1996年。アコースティック・ミニ・アルバム。
4
STATE OF MIND
1997年。「トラスト」収録。ボーカルがエドゥアルド・ホービンガからイアン・パリーに交代。前任者のハイトーン・ボーカルはバンドのひとつの特徴だったが、同時にそれは聞き手を限定していた。後任はそれを上回る実力を持っている。音楽の方向は変わらない。ギターは以前より抑え気味。オープニング曲のイントロは重厚。
5
MANIFESTATION OF FEAR
1998年。1曲目からサウンドがかなり変わっていることを印象づける。コンセプト盤。リズム・ギターが強調され、ヘビーメタル特有の短く等拍に切られたリズムが全編に響く。プログレッシブなヘビーメタルにさらに近づいた。初期のメロディアスな古典的ヘビーメタルのイメージはほとんどない。歌詞のコンセプトを考えたイアン・パリーの功績が大きい。
6
FORBIDDEN FRUIT
2000年。ギターが交代。リズム・ギターに重さが加わった。ドリーム・シアターほどストイックにプログレッシブ・ロックをやっているわけではないが、ボーカルだけはドリーム・シアターと対抗できる。この手のジャンルとしては十分上位レベルにある。
7
PRINCIPLES OF PAIN
2002年。キーボードはゲスト参加だが、シャープな音を出してアルバムのイメージをよくしている。前作と同路線。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com