HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

DRAGONFORCE

1
VALLEY OF THE DAMNED
2003年。ギター2人、キーボードを含み、ベース不在の5人組。スピーディーで伝統的なヨーロッパ型ヘビーメタルの形に沿っているが、デビュー盤からすでに個性と言うべきメロディーを持っている。サウンドの形態に関係なく、独自のメロディーを確立していることはすばらしい。5拍目まで高音で、6拍目に一気に飛び降りるメロディーを、バンドの一貫した個性として聞き手が把握できるかどうかで、評価は違ってくるだろう。
2
SONIC FIRESTORM
2004年。ドラムが交代し、ベースが加入、6人編成。作曲はギターの2人とキーボードが行っている。前作と同じく、基本的なメロディーは変わらない。ミドル・テンポでもそのメロディーは使われるので、普通に聞けば作曲能力が高いことはすぐに理解できるが、初心者がスピードに耳を奪われて正常な判断能力を乱すことは想像に難くない。
3
INHUMAN RAMPAGE
2005年。これまでのサウンドを踏襲。一度聞けば覚えてしまうメロディーはヘビーメタル以外のポップス、ロックでもそう多くない。メロディアスなヨーロッパ型ヘビーメタルで言えば、ハロウィンやガンマ・レイ並みの作曲能力がある。6、7分の曲が多く、8曲のうち最後の曲以外はスピーディーに演奏される。次のアルバムでは新しい別の個性が要求される。
4
ULTRA BEATDOWN
2008年。サウンドがデビュー以来一貫している。数秒聞いただけで多くの聞き手がアーティスト名を答えられるバンドは少ない。やや編曲に幅が出てきた。イングヴェイ・マルムスティーンの登場時と同じで、比較的簡単に計量できる演奏技術、すなわち高速演奏に対する聞き手のゆがんだ拒否反応をうまく利用している。スピードは、ヘビーメタルをヘビーメタルたらしめる要素のひとつにもかかわらず、それを明確に、終始貫徹して目の前に突き出されると、「ヘビーメタルはそんなものではない」と拒絶したがる反応である。したがって、拒否反応を示せば示すほど、このアーティストを賞賛することになるというパラドックスが生じる。挑発のサウンドとも言えるが、挑発にひっかかる聞き手の多さにおいては、イングヴェイ・マルムスティーン以降では有数のバンドと言える。
 
TWILIGHT DEMENTIA
2010年。ライブ盤。2枚組。比較的安定した演奏で、ボーカルはスクリーモのように絶叫することがある。1カ所での録音ではなく、複数の場所で録音して選んでいるようだ。歓声はつながっているのでライブの高揚感は保たれている。ボーナストラック2曲を含めて15曲106分。
5
THE POWER WITHIN
2012年。ボーカルが交代。作曲はギターとベースが行っている。ボーカルが替わってもメロディーによってドラゴンフォースだと分かる。オープニング曲の「ホールディング・オン」は聞き手を安心させる曲。「フォールン・ワールド」はバンド最高速の曲だというが、この曲も安心させる一面がある。「ウィングス・オブ・リバティ」はいい曲だ。「ダイ・バイ・ザ・スウォード」はランニング・ワイルドの曲をドラゴンフォースが編曲したような曲。
6
MAXIMUM OVERLOAD
2014年。多数の音階を高速で演奏するというサウンドは変わらない。オープニング曲を高速の曲としてまたアピールし、3曲目まで前のめりの曲が続く。4曲目から6曲目までは高速ではない。9、10曲目は速く、アルバム全体が高速であるという印象を持たせている。ドラゴンフォースのサウンドのあり方は一般的には高く評価されない。しかし、曲の一要素としての社会性や内省性、不定形性や享楽性などは近年軽重が平準化してきており、ヘビーメタルが強く持つハードさや速さ、権威志向はそれほど否定的には解釈されなくなってきている。したがって、今のサウンドのままでどんな要素を付け加えることができるのかがバンドの存続を左右することになる。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com