HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

CARNAL FORGE

1
WHO'S GONNA BURN
1998年。ギター2人の5人編成。スウェーデン出身。スティール・アタックとイン・ザイ・ドリームスのメンバーにより結成。ボーカルはデス声ではなく叫ぶ感覚で歌う。10曲で30分以下という短さはハードコアとも言えるが、ギターソロは若干入り、サウンドもハードなヘビーメタルだ。高速なドラムなどよりも全体的な勢いを重視したような音。
2
FIREDEMON
2000年。ベースが交代。前作と同路線。ベース以外の全員が同じような曲を作っている。
3
PLEASE...DIE!
2001年。曲がハードコアに近くなり、同じような曲が続く。単純に疾走することが多く、スラッシュ・メタルやデス・メタルでも多少は展開を考えるが、このバンドは突進する。日本では「ザ・モア・ユー・サファー」と同時に発売された。
4
THE MORE YOU SUFFER
2003年。曲にさまざまなアレンジを施し、いわゆるメタルコアに近くなっている。ギターソロ、コーラスなどはこれまでで最も目立つ。曲もやや長くなった。ハードコアとは呼びにくいだろう。日本デビュー盤。
5
AREN'T YOU DEAD YET?
2004年。前作と同路線。アメリカでメタルコアと呼ばれるバンド群に入ったので、次作はその中でどう個性を出すかにかかっている。
6
TESTIFY FOR MY VICTIMS
2007年。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com