HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

CAPABILITY BROWN

1
FROM SCRATCH
1972年。音域の広いコーラスを駆使したロック。曲はプログレッシブ・ロックほど構成にこだわっているわけではない。「ただ独りの生存者」は4部構成で10分弱。「ビューティフル・スカーレット」はレア・バード、「ライアー」はアージェント、スリー・ドッグ・ナイトのカバー。
2
VOICE
1973年。A面4曲、B面1曲の5曲。前作よりもボーカルハーモニーの整合感を大きくし、緊張感のあるコーラスとなっている。B面の「サーカムスタンシス」は21分で、メロトロンが使われるプログレッシブ・ロックらしい曲。4つの曲をそのままつなげたような曲で、全体の構成が一貫しているわけではない。オープニング曲の「僕も君も」はアフィニティー、「真夜中の放浪者」はスティーリー・ダンのカバー。ジャケットはヒプノシスの制作で有名。
 
THIS IS US/HARMONY GRASS
1969年。イギリスでビーチ・ボーイズ風のポップスをやっていたバンド。6人編成。13曲のうち8曲はトニー・リヴァースの作曲。オープニング曲はキャス・エリオットの「ムーヴ・イン・ア・リトル・クローサー・ベイビー」のカバー。エンディング曲はダスティ・スプリングフィールドの「ホワット・ドゥ・ユー・ドゥ・ホエン・ラヴ・ダイズ」のカバー。ジャズのスタンダード曲が2曲、アメリカ民謡が1曲入っている。コーラスはビーチ・ボーイズ風だが、ビーチ・ボーイズと異なるところはメーンボーカルの歌唱力が弱いことと、キーボード、ピアノが含まれないこと。CDのボーナストラックは9曲。サイモン&ガーファンクルの「いとしのセシリア」のカバーも含まれる。日本盤は1998年発売。海外盤は2003年発売。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com