HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

CALIBAN

 
 
CALIBAN
1999年。6曲入りミニ・アルバム。
1
A SMALL BOY AND A GREY HEAVEN
1999年。ギター2人の5人編成。ドイツ出身。15曲のうち5曲はインストや効果音。ボーカルはメタルコアに近いが、普通のボーカルも一部に入る。大部分は声がかれた状態で叫んでいるような声。明確なギターソロはあまりなく、曲そのものがメロディアスなギターによって構成される。アルバムの最初と最後にクラシック調の映画音楽がつく。日本発売は2001年。
 
 
THE SPLIT PROGRAM
2000年。ヘブン・シャル・バーンの曲と同時収録。いわゆるスプリット盤。
2
VENT
2001年。前作と同様。メロディック・デス・メタルとハードコアを足したようなサウンド。ギターは前作よりメロディアスか。ボーカルは前作と同じ2種類の声のほか、デス声も入る。最初と最後の曲がインストで、メーンの13曲は総じて短めの歌詞がある。
3
SHADOW HEARTS
2003年。サウンドを大きくヘビーメタル寄りにし、キルスウィッチ・エンゲージやシャドウズ・フォール、アンアース、ラム・オブ・ゴッドのようなニューウェイブ・オブ・アメリカン・ヘビーメタル、いわゆるメタルコアのサウンドになった。特にギターとドラムの音が低音強調になり、バスドラムの連打も多い。前作まではハードコア、このアルバムはヘビーメタル。
4
THE OPPOSITE FROM WITHIN
2004年。前作よりギターの切れがよくなり、サウンドがいっそう鋭角的だ。曲の中での緩急、楽器同士のリズム感の一致などは前作を上回っている。ヨーロッパではメタルコアの一線級の質だ。
5
THE UNDYING DARKNESS
2006年。前作の路線。サビの部分では通常のボーカル、それ以外ではメタルコアのボーカル。ドイツではメタルコアの筆頭と言えるが、このジャンルのサウンドはアメリカでもドイツでも個性を出しにくく、後続のバンドが出てくれば別の方向を模索する必要がある。
6
THE AWAKENING
2007年。
7
SAY HELLO TO TRAGEDY
2009年。
8
I AM NEMESIS
2011年。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com