HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

BLUR

1
LEISURE.
1991年。4人編成。ギター兼ボーカルのグレアム・コクソンを中心とする。ボーカルに深めのエコーがかけられ、60年代後半のアメリカのような浮遊感がある。コーラスも2声以上あり、編曲の力はありそうだ。ハードな曲は少なく、ロックの激しさを売りにするサウンドではない。流行のだるさを多少伴う同時代的ロック。
2
MODERN LIFE IS RUBBISH
1993年。ボーカルのデーモン・アルバーンが事実上ボーカル兼キーボードになり、サウンドの幅が広がった。ストリングスやホーン・セクション、古風なシンセサイザーを使い、普遍的なポップス、ロックをやっている。すばらしい曲が多く、ビートルズ以来続くポップなメロディーがこのバンドに継承されたかと感じるほどだ。傑作。「フォー・トゥモロウ」収録。
3
PARKLIFE
1994年。いろいろなロックのジャンルをうまく取り入れ、ポップさやメロディーの楽しさ等を失わずに作った傑作。前作と同様にストリングス、ホーン・セクションを使用し、メロトロンやオルガンで懐古的なサウンドもある。統一的な曲調ではない。
4
THE GREAT ESCAPE
1995年。ややハードになり、音もロックらしく厚い。「ザ・ユニヴァーサル」はストリングス、ホーン・セクションが入る壮大な曲。「カントリー・ハウス」収録。
 
THE UNIVERSAL
1995年。シングル盤。ライブ2曲、リミックス1曲収録。
 
 
LIVE AT THE BUDOKAN
1996年。ライブ盤。
5
BLUR
1997年。アメリカの影響を受けたのか、オルタナティブ・ロック風の曲がある。明るさや楽しさは「ザ・グレイト・エスケイプ」以降、徐々に交代している。「ユー・アー・ソー・グレイト」はグレアム・コクソンがボーカルをとり、アコースティック・ギターを弾く。アルバムの真ん中でアクセントになっている。
 
BEETLEBUM
1997年。中期から後期のビートルズを意識したようなサウンド。アルバム未収録曲が3曲あり、「オール・ユア・ライフ」もビートルズ路線。
 
SONG2
1997年。シングル盤。「ゲット・アウト・オブ・シティーズ」はダム・ヤンキース、「ポリッシュド・ストーン」はビートルズの「ハロー・グッバイ」を思い出す。
 
BUSTIN'+DRONIN'
1998年。リミックス集とライブの2枚組。日本独自。ライブは歓声なし。
6
13
1999年。「テンダー」や「B.L.U.R.E.M.I.」などはサウンドとしては新しいアイデアを導入している。全体的にはオルタナティブ・ロックのようなミドルテンポで明るさのないメロディー。
 
COFFEE&TV
1999年。シングル盤。
 
 
THE BEST OF
2000年。ベスト盤。
7
THINK TANK
2003年。ギターのグレアム・コクソンが抜け3人編成。ギターはボーカルのデーモン・アルバーンが兼任している。モロッコで録音しているという。曲の中にもスチール・ドラムの音やアフリカの民族音楽のようなリズムが入っている。前作までの陰鬱な雰囲気は少なくなり、普通のロックの音に近くなった。「アウト・オブ・タイム」はすばらしい。「クレイジー・ビート」収録。
 
ROCKET JUICE&THE MOON/ROCKET JUICE&THE MOON
2012年。ブラーのボーカル、デーモン・アルバーン、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのベース、フリー、フェラ・クティのドラム、トニー・アレンによるバンド。キーボード、ギター、ベース、ドラム、パーカッションで、アクのないロック、時代に取り残されたかのような素朴なロックを演奏する。ラップやホーン・セクション、エリカ・バドゥによる女声ボーカルも使われるが、特に加工せず、エレクトロニクスも使わない。アフリカを思わせる部分はそれほどなく、いかにも民族音楽風だったりファンクだったりするということがない。デーモン・アルバーンが興味で録音したアルバムと言える。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com