HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

BLACK 'N BLUE

1
BLACK 'N BLUE
1984年。ギター2人の5人編成。ボーカルはジェイミー・セント・ジェイムス、リード・ギターはトミー・セイヤー。見かけによらずオーソドックスなハードロックで、トゥイステッド・シスターのような楽しさよりもロックのかっこよさを追求している。「アクション」はスウィートのカバー。
2
WITHOUT LOVE
1985年。オープニング曲の「ロッキン・オン・ヘブンズ・ドア」はボブ・ディランの「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」を意識したタイトルで、曲はそれと似つかない。曲の途中でリズムが変わるところはアレンジに工夫をこらしており、そうした曲をオープニングに置くところは大きな好感が持てる。前作よりもロックン・ロール風で、コーラスが多くなる。プロデューサーはブルース・フェアバーン。
3
NASTY NASTY
1986年。楽しさと勢いを前に出したアルバム。キッスのジーン・シモンズがプロデュース。前作は一緒に楽しむロックン・ロール、このアルバムはメンバーが楽しんでいるロックン・ロール。「アイル・ビー・ゼア・フォー・ユー」はジャーニーのキーボード、ジョナサン・ケインの作曲で、この曲だけがジョナサン・ケインのプロデュース。キーボードも入っている。
4
IN HEAT
1988年。やや落ち着き、スピードも遅くなっている。このアルバムが出たころはハードロック全盛時代だったが、勢いに乗れなかった。ヒットに恵まれなかったことで代表曲と呼べる曲がなかったことと、バラードが弱かったことが響いた。
 
 
ONE NIGHT ONLY
1998年。ライブ盤。
 
 
ULTIMATE COLLECTION
2001年。ライブ盤。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com