HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

THE BIG PINK

 
THIS IS OUR TIME
2009年。5曲入りEP。イギリス出身の2人組。シングル盤2枚の表裏計4曲と、「ベルベット」のリミックス・バージョン2曲。
1
A BRIEF HISTORY OF LOVE 
2009年。ザ・ビッグ・ピンクはボーカル兼ギターとシンセサイザー奏者の2人組。多くの曲でコマネチのボーカル兼ドラム、アキコ(マツウラ・アキコ)がドラムを演奏している。プログラミングされたような音もあるが、ドラム、ベースを土台として、何重にもかぶせられたギター、シンセサイザーが不協和音に近づきながら乗っかる。抽象的なサウンドは少なく、どの曲もロック、ポップスとしてまとまっている。分厚いギターを除けば一般的なポップスになる曲も少なくない。1曲目と2曲目は、3曲目以降よりも不協和音が強く出ている。「ドミノス」以降は聞きやすい。
2
FUTURE THIS
2012年。ドラムを機械に任せたため、ボーカルとギター以外はエレクトロニクスとサンプリングの音になっている。不協和音や雑音も含めてほとんどの音が加工、編集されており、雑音も意図して編集している。サウンド自体は機材さえそろえば作れることになるが、それは逆に音を選ぶことの恣意性、感覚をより純粋に問われることになる。ニューヨークのMGMTに似ているところもある。メロディーはよく聞けば流麗だ。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com