HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

BIGELF

 
CLOSER TO DOOM
1996年。邦題「クローサー・トゥ・ドゥーム~生誕序曲」。ギター、ベース、キーボードがボーカルを兼任する4人編成。アメリカ出身。EP盤の6曲にデモ6曲、カバー2曲を収録している。1970年代のブリティッシュ・ロック風サウンドで、キーボードはオルガン、メロトロン中心だ。ブラック・サバス、アトミック・ルースター、ユーライア・ヒープのような、恐さや暗さのある幻想世界をイメージしたサウンド。「サルヴェーション」はアイアン・メイデンの「ラスチャイルド」とディープ・パープルの「紫の炎」を足したような曲。「コズミック・ハイウェイ」はコージー・パウエルがシングルで出した曲のカバー。日本盤は2010年発売。
1
MONEY MACHINE
2000年。ドラムが交代し、ベースが抜け3人編成。ベースはキーボード兼ボーカルが兼任している。タイトル曲は7分を超える。「ニューロサイコパシィック・アイ」はイエスの「燃ゆる朝焼け」を意識か。ボーナストラックの「悪名」はシンリジー、「スウィート・リーフ」はブラック・サバスのカバー。日本盤は2010年発売。
2
HEX
2003年。邦題「HEX~呪縛からの解放」。ギターが交代し、ベースが加入、4人編成。アンサンブルがやや技巧的になっている。曲も多くなり、作曲能力が上がったことが分かる。日本盤は2010年発売。
3
CHEAT THE GALLOWS
2008年。邦題「鍵盤狂想曲第1幕」。ストリングス、ホーンセクションが入った。オープニング曲と2曲目は切れ目なくつながっている。「終末へのシナリオ」はミートローフの「地獄のロックライダー」に不気味さや不穏さを加えたような雰囲気。「スーパースター」はエンジェルか。ブックレットに使われている絵はブリューゲルの「反逆天使の墜落」。日本盤は2010年発売。 

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com