HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

ABBA

1
RING RING
1973年。邦題「リング・リング~木枯しの少女」。男女2人ずつのボーカル・グループ。男性の2人はそれぞれギター、ピアノを演奏することもある。ビヨルンとベニーの男2人が活躍。アコースティック・ギターとピアノを多用したアナログな音が多い。
2
WATERLOO
1974年。初期の代表曲「恋のウォータールー」収録。この時期にしては「ウォッチ・アウト」のサウンドは異色。基本的には前作の音を踏襲。
3
ABBA
1975年。「エス・オー・エス」「ママ・ミア」「バング・ア・ブーメラン」「アイ・ドゥ・アイ・ドゥ」など人気曲がたくさん入っているが、出た当時はあまり評判にならなかったようだ。「トロピカル・ラヴランド」は文字通りトロピカル。「インテルメッツォ・ナンバー・ワン」はベニー・アンダーソンのクラシック風ロック・インストゥルメンタル。バラエティに富んでいる。
4
ARRIVAL
1976年。「ダンシング・クイーン」が入った大ヒット作。女性2人の活躍が大きくなり、男2人はほとんどメーン・ボーカルを取らない。「ノウイング・ミー・ノウイング・ユー」「マネー・マネー・マネー」「ザッツ・ミー」収録。あまりベスト盤には採用されないが「ダム・ダム・ディドゥル」はいい曲だ。
5
THE ALBUM
1977年。快活なポップスから少々大人になった感じのポップスになった。「テイク・ア・チャンス」「きらめきの序曲」収録。最後の曲は3部作で12分半もある。
6
VOULEZ-VOUS
1979年。室内合奏で始まる「アズ・グッド・アズ・ニュー」は意表を突く。「アイ・ハヴ・ア・ドリーム」は児童合唱を使う。子どもの素朴な夢を描いており、1979年の国際児童年を意図した曲だろう。「ダズ・ユア・マザー・ノウ」は久しぶりにビヨルン&ベニーがリードボーカルをとる。「ヴーレ・ヴー」「チキチータ」収録。デラックス・エディションの「ドリーム・ワールド」はポップでいい曲だ。途中で「ダズ・ユア・マザー・ノウ」のメロディーが出てくる。
7
SUPER TROUPER
1980年。アバのアルバムは「ヴーレ・ヴー」が最高傑作だと言う人もいるが、このアルバムもすばらしい。人気曲がオープニング曲から3曲続き、途中も「ザ・パイパー」「レイ・オール・ユア・ラブ・オン・ミー」といった名曲が並ぶ。このアルバムの録音中にビヨルン・ウルヴァースとアグネッタ・フォルツコグが離婚、アルバムが出た直後にベニー・アンダーソンとアンニフリーダが離婚。
 
 
GRACIAS POR LA MUSICA
1980年。
8
THE VISITORS
1981年。最後のスタジオ盤。ロック色は薄くなり、オーケストレーションが目立つ。録音中に明るい曲は少なく、グループの精神的状況が現れている。「ヘッド・オーヴァー・ヒールズ」「ワン・オブ・アス」は爽快とはいかないまでも十分にポップだ。現在のCDにはアバ最後のスタジオ作品がボーナス・トラックで収録されている。「アイ・アム・ザ・シティ」「ユー・オウ・ミー・ワン」はポップだ。「カサンドラ」は「チキチータ」のような曲。
9
ABBA LIVE
1986年。唯一のライブ盤。スタジオ盤ではフェードアウトで終わっていた曲がライブでどう演奏されたのか分かるのはいいが、MCがまったくないので臨場感に欠ける。
 
ABBA GOLD
1992年。ベスト盤。世界で2000万枚も売れているという。
S.O.S.
2001年。シングル盤。ドラマのエンディング曲とオープニング曲に使われたのでシングル発売された。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com