HardrockHeavymetal.com

はてなブックマークに追加

2PAC

1
2PACALYPSE NOW
1991年。2パックのアルバムの中で、このアルバムだけがいわゆるコンシャス・ヒップホップにあたるとされる。アフリカ系ヒップホップ・アーティストが社会的メッセージを多く含んだアルバムを作った場合、その作品がコンシャス・ヒップホップと呼ばれる。「ソウルジャズ・ストーリー」「ブレンダズ・ゴット・ア・ベイビー」「パート・タイム・マザ」が意味を持った曲とし挙げられている。「パート・タイム・マザ」はスティーヴィー・ワンダーの「パートタイム・ラヴァー」を引用している。ハービー・ハンコックの曲を使った曲が2曲ある。「トラップド」収録。
2
STRICTLY 4 MY NIGGAZ
1993年。このアルバムからギャングスタ・ラップとなり、サウンドが派手だ。都市部の雑踏の喧騒を反映したノイズや歪んだ音が大量に入っている。「アイ・ゲット・アラウンド」「キープ・ヤ・ヘッド・アップ」収録。日本盤は1997年発売。
3 
THUG LIFE
1994年。サグ・ライフは2パックを含む5人のグループとされている。「ストリクトリー・4・マイ・ニガズ」よりは落ち着いたサウンド。2パックのアルバムの中では評価が高くない。「ミー・アゲインスト・ザ・ワールド」や「カリフォルニア・ラヴ」に比べると中途半端な印象だ。
4
ME AGAINST THE WORLD
1995年。2パックのアルバムとしては整理されたサウンドになり、歌い方にも余裕がある。不気味な恐さを出しているとも言えるが、2パックの音楽以外の話題を特に気にしない人には、ミドルテンポの穏やかな曲に聞こえる。代表作。
5
ALL EYEZ ON ME
1996年。邦題「カリフォルニア・ラヴ」。2枚組。ドクター・ドレーのデス・ロウ・レコードから発売された。「ミー・アゲインスト・ザ・ワールド」のサウンド。アーティストのイメージとしてはギャングスタ・ラップだが、リズム・マシーンとシンセサイザーは生前に発売された最後のアルバム。
 
ALL EYEZ ON ME
1996年。邦題「オール・アイズ・オン・ミー」。2001年の再発売で邦題が変更された。
6
THE DON KILLUMINATI THE 7DAY THEORY/MAKAVELI
1996年。2パックの死後発売されたアルバム。マキャヴェリに改名している。「ストリクトリー・4・マイ・ニガズ」のようなノイズの多いサウンド。刑務所内で録音しているので、凝った編曲や高い音質ではない。最後のアルバムとしては中途半端に終わっている。
 
 
R U STILL DOWN?(REMEMBER ME)
1997年。2枚組、26曲収録。
 
 
GREATEST HITS
1998年。2枚組、25曲収録。未発表曲4曲収録。
 
 
STILL I RISE/2PAC+OUTLAWZ
1998年。15曲収録。アウトロウズが参加。
 
 
BEGINNINGS THE LOST TAPES1988-1991 
2000年。10曲収録。
 
 
UNTIL THE END OF TIME
2001年。2枚組、29曲収録。
 
 
BETTER DAYZ 
2002年。2枚組、27曲収録。
 
 
THE PROPHET THE BEST OF THE WORKS
2003年。16曲収録。
 
 
MORE+BEST WORKS ON DEATH ROW
2003年。15曲収録。
 
 
NU MIXX KLAZZICS
2003年。10曲収録。既存の曲に楽器を加えている。
 
 
TUPAC RESURRECTION
2003年。14曲収録。未発表曲4曲収録。
 
 
LIVE
2004年。13曲収録。
 
 
LOYAL TO THE GAME 
2004年。17曲収録。プロデューサーはエミネム。 
 
 
LIVE AT THE HOUSE OF BLUES
2005年。25曲収録。
 
 
PAC'S LIFE 
2006年。15曲収録。
 
 
NU MIXX KLAZZICS VOL.2
2007年。14曲収録。
 
 
THE SEX,THE SOUL&THE STREET
2007年。3枚組、40曲収録。
 
 
THE BEST OF 2PAC PART1 THUG
2007年。11曲収録。
 
 
THE BEST OF 2PAC PART2 LIFE
2007年。11曲収録。未発表曲1曲収録。

HOMEご意見はこちら → webmaster@hardrockheavymetal.com